FC2ブログ
 

鸞翔会blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地支援プロジェクト

 先日、高岡教務所で※浄土真宗本願寺派高岡教区災害救援活動専門委員会が企画した「相馬に富山米を送ろうプロジェクト」が行われました。
 11月12日から14日までの間、高岡教務所に新米(玄米)が届けられました。12日の昼の時点で、1000キロ以上の玄米が集まりました。教務所では、現地の避難所で暮らす多くの方々にお米が行き届くように、玄米を5キロの袋に詰め直す作業が行われました。お米を届けてくださる方や詰め直しの作業を行う方の「被災地の方の力になりたい」という気持ちを自然とこぼれる笑顔と懸命に働く姿から感じることができました。大変尊いことであると感じ、温かい気持ちで活動でき、うれしく思いました。
 お米は、18日から有志の手によって、相馬の寺院に届けられるそうです。鸞翔会からも数名参加する予定です。運転に気をつけて行ってきてください。よろしくお願いします。
 プロジェクトの内容、高岡教区と東北教区相馬組との関係等、詳しくは「高岡教区災害支援ネットワークのブログ」にてご覧になることができます。是非、ご覧ください。


作業中の参加者のみなさん(12日午前中)
sagyo1

お米を詰める袋(素朴でかわいらしいデザイン)
sagyou2.jpg

計りを使って5キロずつ袋に詰めます
sagyou3.jpg

12日の午前中だけで250袋以上のお米が集まりました
sagyou4.jpg

sagyou5.jpg


※浄土真宗本願寺派高岡教区災害救援活動専門委員会は、高岡教区全体の復興支援体制確立と長期支援を目指し設立されたものです。この専門委員会は今回の震災のみならず、今後同様の災害が発生した際に、支援活動の企画立案を行う、常設の委員会として設立されたものです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。